前へ
次へ

赤みや色素沈着などニキビ跡の種類は大きく分けて3つ

肌にニキビ跡が残ることがありますが、皮膚に起きる炎症がその大きい要因です。
炎症が激しくなって負担が形になって肌に残ってしっまいますが、ニキビ跡にも種類があります。
赤身だけ残るニキビ跡は、皮膚の下にある血管が表面に透けて見えて赤くなっていて、皮膚の奥にまだ炎症が残っている状態です。
シミとしてニキビ跡が残るのは色素沈着タイプであり、紫外線を浴びてしまうと余計に消えなくなります。
最も避けたいのが皮膚表面の凸凹したクレータータイプであり、滑らか肌に回復させるには、皮膚科での治療が必要です。
大きく分けるとニキビ跡は3つに分かれますが、いずれにしても早い段階で、正しいスキンケアを実践していく必要があります。
基本的なこととして、基礎化粧品を使用しての、毎日のスキンケアは怠ることができません。
しっかりと水分を与えてあげて、皮膚細胞の生まれ変わりを順調にしてあげるためです。
またニキビ跡を回復させるために、定期的なピーリングケアもします。

Page Top